忍者ブログ

うみのおさかなのいろいろ@東上本出の日記

採集 飼育記 飼育各論 小笠原

うみのおさかな以外の話題がメインになってしまったブログ主の○○やってみたシリーズ。水槽の更新再開しました。

沼津港深海水族館に行ってみた

今月10日にオープンした沼津港深海水族館へ行ってきました。

この水族館は深海をテーマにした珍しい水族館で、

中でも目玉といえるのがシーラカンスの標本展示です。


約70年前にコモロ諸島で発見されたシーラカンスは生きた化石と呼ばれています。

鎧のごとく固い鱗と手足のようなヒレで、3億5000年前と変わらぬ姿で生き続けています。

シーラカンスはワシントン条約によって国際商業取引が禁止されていますが、

この水族館に展示されているものはワシントン条約によって規制される前に持ち込まれたものです。




シーラカンスの剥製標本。冷凍標本もありましたが、撮影できなかったので割愛。


2階建ての建物で、1階は水族館になっています。

撮影できた範囲で一部を紹介します。

SBSH01361.JPGSBSH01341.JPGSBSH01311.JPGSBSH01291.JPG

左から、 ヒレジャコガイ  カラージェリー  アデヤカキンコ  ショウグンエビ


ヒレジャコガイは、殻の表面にひれ状の突起が何列にも並ぶことからこの名前がつけられました。

殻の間に見える外套膜で藻を育て、その藻に光合成をさせて養分を取ります。

外套膜の色は、共生している藻類の色によって様々です。


カラージェリーはクラゲの仲間で、体内に赤・青・白・緑の藻を共生させ、

光合成のエネルギーを体内に取り込んで生活しています。


アデヤカキンコは写真ではイソギンチャクに見えるが実はナマコの仲間

サボニンという毒を持っています。


ショウグンエビは、水深20mくらいの岩礁の岩穴に単独もしくはペアで生息しています。

日本では、西日本~沖縄にかけてみることができます。

SBSH01321.JPGSBSH01281.JPGSBSH01301.JPG

左から、  ヘコアユ  ダイオウグソクムシ  アカザエビ


ヘコアユはサンゴ礁に生息していて、頭を下に向けた独特の姿勢で泳ぐことで知られています。

特に小さな個体はガンガゼの棘の間に潜って共生しています。


ダイオウグソクムシは水深200~1000mの深海に生息しています。

ダンゴムシ・ワラジムシ・フナムシと同じ等脚目に属し

不完全ながらダンゴムシ同様に背中を丸めて身を護ります。

海の掃除屋と呼ばれ、海底に落ちてくる動物の死骸を食べています。


アカザエビは水深200m~400mの海底に生息し、日本近海にのみ生息する固有種で、

Japanese lobsterという英名があります。食用として漁獲されています。


他にもさまざまな生物が展示されていました。

話題のメンダコもいましたが、撮影禁止だったので実際に行って見てください。

比較的小さい水族館ですが、シーラカンスの展示は世界唯一なので見る価値はあると思います。


水族館の周りは港八十三番地という魚市場や食事処になっていて

ちょっとした観光スポットになっています。

腹が減ったので、昼飯を食べました。

SBSH01251.JPG

友人が注文した生しらすとサクラエビの2色丼

生のしらすとサクラエビは静岡でしか食べられない逸品。

SBSH01261.JPG

東上本出はマグロのカマ焼きを食べました。脂ノリノリです。




この巨大な水門は、沼津港にある大型展望水門「びゅうお」です。

東海地震の際に押し寄せる津波から沼津市街を守るために造られました。

ぶっちゃけ東上本出の意見を言わせてもらうと、

東日本大震災の津波を見る限り、この程度の水門では対処しきれないのではないでしょうか。

たとえ港の入り口を塞いでも、水は他の場所から流れ込んでくるでしょうから。

SBSH01231.JPG

展望水門なので、一応100円払って上ってみました。

北側には霞んでいて見えにくいですが、富士山・愛鷹山と松原を望めます。



今日はここまでです。閲覧ありがとうございました。下にアクセスを載せておきます。


沼津港深海水族館

住所:静岡県沼津市千本港町83(港八十三番地内)

営業時間:10:00~18:00(7・8月は~19:00まで)

休館日:年中無休(保守点検のため臨時休業の場合あり)

URL:http://www.numazu-deepsea.com/

入場料金:大人(高校生以上)1600円 こども800円 幼児(4才以上)400円


港八十三番地

営業時間:11:00~22:00

休館日:年中無休(臨時休業の場合あり)

店舗:回転寿司、浜焼き、海鮮丼、天ぷら、カフェ、土産物店

URL:http://www.minato83.com/


アクセス

電車:JR東海道線「沼津駅」南口よりバスで15分。「沼津港」下車目の前

車:東名沼津I・Cより車で20分

0c9bea4c.jpeg


 
地図データ
地図データ ©2011 ZENRIN

 


 
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス(任意)
ブログURL(任意)
コメント
パスワード(後でコメントの編集ができます) Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

SNS×うみのおさかな

うみのおさかなのいろいろ
SNSアカウント

facebook

Facebook
うみのおさかなのいろいろ公式Facebookアカウントです。

twitter

Twitter
https://twitter.com/azumagami
東上の個人的なネタです
近況はこちらを見てください。

Contents



忙しくても維持できる海水魚水槽をコンセプトに、更新を再開しました。初期の頃の水槽の様子と現在の様子ががらりと変わっており、その変化と、東上の成長が分かるコンテンツとなっております。



沖縄・高知・和歌山・伊豆等をメインフィールドに、熱帯海水魚の素潜り採集をするコンテンツです。鼓膜穿孔が慢性化しており、更新できるかは未定です。



鉄道模型のいわゆる「ジオラマ」を1畳サイズのレイアウトに実現することを目標に、トンネルや草の生やし方など初心者の初心者による初心者のためのレイアウト製作の様子をお伝えします。現在更新を停止しています。



東上が飼育したことのある海水魚について、東上的飼育の方法について紹介するコンテンツです。特にカミソリウオやタツノオトシゴ、ヨウジウオのような特殊な魚を中心に展開しております。日本産の魚種に関しては、採集についても取り上げています。



2014年10月、小笠原諸島父島へ行って参りました。シュノーケリングに海水魚採集、魚突きと、海の遊びを満喫した滞在でした。ユウゼンやレモンピールエンゼル等、日本では小笠原でしか見られない魚種と出会うことができました。小笠原諸島で海水魚採集をする際の解説や注意点はこのリンクをご覧ください。



CB400SBRevoに乗ってツーリング先での出来事や、近畿・中部周辺のツーリングに最適そうな道をレポートしていきます。高知県でのキャンプツーリング×海水魚採集にも挑戦してみました。



ロードスター(NC)の記事です。バイク以外の足が増えたので、夜間の寒い星空撮影も行く機会が増えそうです。ロードスターの紹介やツーリングの記事はここからどうぞ。



星と、風景を一緒に撮るという写真です。なかなか条件が揃わず、撮影は失敗の方が多いですが、条件が揃った時の美しい風景を追い求めて、新月の夜に活動しています。

Comments

[12/16 らんぱぱ]
[09/14 なみほ]
[09/13 R]
[11/17 こうじ]
[11/10 uzumaki]
[03/15 Chatan]
[03/14 Chatan]
[01/13 Bobo]
[01/13 Bobo]
[01/13 Bobo]

Profile

HN:
東上本出(あずまがみもといで)
性別:
男性
趣味:
海水魚飼育・採集 鉄道模型 バイク
自己紹介:
200000アクセス達成。1年で100000ペースで伸びています。いつもありがとうございます。
匹目

Links

1.023world

海洋の仕組み・細菌や微生物から学ぶマリンアクアリウムと、関連する自作器具の制作方法の公開、ヤドカリ検定・ヤドカリ図鑑のヤドカリパーク、その他関連リンクも満載。

uzumakiと海

海水魚、サンゴの飼育、磯採集を中心に紹介しているブログです。魚の縄張り行動についての研究をされており、水槽内での魚の力関係についての考察を紹介しています。

うちださんちの海

海水魚採集と飼育方法、オーバーフロー水槽の製作方法などを紹介しています。特に必見なのは海水魚採集で、レアなチョウチョウウオを素潜りで採集するすごい人です。

近畿大学水族環境学研究室

東上の母校である近畿大学農学部の研究室です。海水養殖における白点病の原因であるC.irritansについて研究をしています。白点病に関する記事の参考文献とさせていただきました。

Chatan`s Blog

韓国で海水魚採集をされているChatanさんのブログです。日本で採集される魚種の紹介の記事で、当サイトの写真を採用していただきました。外国にも海水魚採集の文化があるとは驚きです。

【金魚の飼い方】初心者向け飼育方法と金魚の種類をご紹介

金魚の飼育方法と、種類について解説をしているサイトです。淡水魚飼育は金魚に始まりますが、金魚に終わるとも言います。淡水魚飼育の基礎を学んでみては。



About Link

当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望のサイト様は、コメント欄またはmb86hh65ml☆gmail.comにご連絡ください(スパム対策のため@を☆に変えてあります)。たくさんのリンクお待ちしております。

リンクについて詳しくはこちら