忍者ブログ

うみのおさかなのいろいろ@東上本出の日記

採集 飼育記 飼育各論 小笠原

うみのおさかな以外の話題がメインになってしまったブログ主の○○やってみたシリーズ。水槽の更新再開しました。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

水槽の立ち上げ

今回からシリーズ第三弾として「海水魚飼育」シリーズをお送りします。

私は大学で水産学を学んでいて、他の友人たちから魚を飼ったらどうだと

言われたので始めてみることにしました。

今回は水槽をセットし水を入れ海水を合わせるところまでお送りします。

さて、始めるにあたっていろいろと予習したのですが、

当然ながら、まずは水槽を置く場所を考えなくてはなりません。

電化製品の近くや電気配線(コンセント)の近くは海水を使用するのであまり良くないです。

通常の60cm水槽ならば、水の重さだけで60kg近くあります。

よって床は丈夫なフローリングが好ましいでしょう。

また、平坦であることも重要です。

平らでないと、水槽の一部分に重さがかかり、水槽が割れてしまう可能性があります。

さらには水道が近く、水替えがしやすいところに設置すると

水質管理を怠らずに済みそうです。

私はインテリア性を重視して、水槽台の上に設置することにしました。

IMG_0093.JPG

コトブキのPro-Style 600S-LOWを使用しています。

設置場所ですが、空いている場所がここしかなかったので、

ほぼテレビ横、床はラグが敷いてあります。あまり良い場所ではありません。

水槽はコトブキのプログレ600です。曲げガラスが美しいです。

水槽はセット購入したので、上部ろ過・ヒーター・温度計・ライトが付属しています。

IMG_0097.JPG

とりあえず水を入れカルキ抜きを入れました。

水を入れる際は、ホースがあると非常に楽です。

ここまではただの淡水水槽です。

IMG_0111.JPG

次に海水を作ります。

人工海水の素を溶かし、比重計を使い適切な比重に合わせます。

IMG_0112.JPG

比重は1.020~1.023の間に合わせます。

ただし、水が蒸発することを考慮して1.021程度に合わせたほうがいいかもしれません。

私の使用している比重計は平らな面に置かなくてはならないので

使いにくいです。吊るして使うタイプの比重計をお勧めします。

次に水槽の底部に砂を敷きます。

IMG_0114.JPG

砂は必ず濁りが出なくなるまで洗います。

IMG_0116.JPG

頻繁に水を換えながら行うと早くきれいになります。

IMG_0119.JPG

砂を入れ、底を均しておきます。

だいぶ水槽らしくなりました。

IMG_0120.JPG

友人から死骸サンゴをもらったので、

洗ってから一晩水道水につけ、もう一晩海水につけてから投入しました。

IMG_0124.JPG

丸い死サンゴはサンゴ砂に合いますね。

今回はここまでです。

次回は魚を採って入れることができれば最高ですが、

どうなるか分からない行き当たりばったりな更新になりそうです。


番外

今は冬で海に潜りには行けませんが、そろそろ春になって潜りに行けそうな

シーズンになってきます。そこで、水中撮影をしたいと思ったので

水中対応のデジカメを買おうと思ったのですが、高いです…

それに、今使っているFinePixF100fdがまだまだ現役でこれ自体いいカメラで、

水中撮影モードがついています。

純正の水中ケースはもう出回ってないので、

IMG_0125.JPG

DiCAPac α wp310を購入しました。

これはデジカメを中に入れて撮影できる10m防水のケースで、ズームが可能です。

IMG_0129.JPG

価格は3600円とお手頃です。

大作商事で輸入・販売を行っているので、興味のある方はどうぞ。

http://www.daisaku-shoji.co.jp/shop/

IMG_0130.JPG

ただし、一部のカメラでは上の写真のように四隅にフチが映ってしまうので、

ズームをして調整する必要があります。

これで、念願の海中での撮影ができます。今年も石垣島へ行く予定なので、

今年は海中の写真も含めてお送りしたいと思います。

閲覧ありがとうございました。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス(任意)
ブログURL(任意)
コメント
パスワード(後でコメントの編集ができます) Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

SNS×うみのおさかな

うみのおさかなのいろいろ
SNSアカウント

facebook

Facebook
うみのおさかなのいろいろ公式Facebookアカウントです。

twitter

Twitter
https://twitter.com/azumagami
東上の個人的なネタです
近況はこちらを見てください。

Contents



忙しくても維持できる海水魚水槽をコンセプトに、更新を再開しました。初期の頃の水槽の様子と現在の様子ががらりと変わっており、その変化と、東上の成長が分かるコンテンツとなっております。



沖縄・高知・和歌山・伊豆等をメインフィールドに、熱帯海水魚の素潜り採集をするコンテンツです。鼓膜穿孔が慢性化しており、更新できるかは未定です。



鉄道模型のいわゆる「ジオラマ」を1畳サイズのレイアウトに実現することを目標に、トンネルや草の生やし方など初心者の初心者による初心者のためのレイアウト製作の様子をお伝えします。現在更新を停止しています。



東上が飼育したことのある海水魚について、東上的飼育の方法について紹介するコンテンツです。特にカミソリウオやタツノオトシゴ、ヨウジウオのような特殊な魚を中心に展開しております。日本産の魚種に関しては、採集についても取り上げています。



2014年10月、小笠原諸島父島へ行って参りました。シュノーケリングに海水魚採集、魚突きと、海の遊びを満喫した滞在でした。ユウゼンやレモンピールエンゼル等、日本では小笠原でしか見られない魚種と出会うことができました。小笠原諸島で海水魚採集をする際の解説や注意点はこのリンクをご覧ください。



CB400SBRevoに乗ってツーリング先での出来事や、近畿・中部周辺のツーリングに最適そうな道をレポートしていきます。高知県でのキャンプツーリング×海水魚採集にも挑戦してみました。



ロードスター(NC)の記事です。バイク以外の足が増えたので、夜間の寒い星空撮影も行く機会が増えそうです。ロードスターの紹介やツーリングの記事はここからどうぞ。



星と、風景を一緒に撮るという写真です。なかなか条件が揃わず、撮影は失敗の方が多いですが、条件が揃った時の美しい風景を追い求めて、新月の夜に活動しています。

Comments

[12/16 らんぱぱ]
[09/14 なみほ]
[09/13 R]
[11/17 こうじ]
[11/10 uzumaki]
[03/15 Chatan]
[03/14 Chatan]
[01/13 Bobo]
[01/13 Bobo]
[01/13 Bobo]

Profile

HN:
東上本出(あずまがみもといで)
性別:
男性
趣味:
海水魚飼育・採集 鉄道模型 バイク
自己紹介:
200000アクセス達成。1年で100000ペースで伸びています。いつもありがとうございます。
匹目

Links

1.023world

海洋の仕組み・細菌や微生物から学ぶマリンアクアリウムと、関連する自作器具の制作方法の公開、ヤドカリ検定・ヤドカリ図鑑のヤドカリパーク、その他関連リンクも満載。

uzumakiと海

海水魚、サンゴの飼育、磯採集を中心に紹介しているブログです。魚の縄張り行動についての研究をされており、水槽内での魚の力関係についての考察を紹介しています。

うちださんちの海

海水魚採集と飼育方法、オーバーフロー水槽の製作方法などを紹介しています。特に必見なのは海水魚採集で、レアなチョウチョウウオを素潜りで採集するすごい人です。

近畿大学水族環境学研究室

東上の母校である近畿大学農学部の研究室です。海水養殖における白点病の原因であるC.irritansについて研究をしています。白点病に関する記事の参考文献とさせていただきました。

Chatan`s Blog

韓国で海水魚採集をされているChatanさんのブログです。日本で採集される魚種の紹介の記事で、当サイトの写真を採用していただきました。外国にも海水魚採集の文化があるとは驚きです。

【金魚の飼い方】初心者向け飼育方法と金魚の種類をご紹介

金魚の飼育方法と、種類について解説をしているサイトです。淡水魚飼育は金魚に始まりますが、金魚に終わるとも言います。淡水魚飼育の基礎を学んでみては。



About Link

当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望のサイト様は、コメント欄またはmb86hh65ml☆gmail.comにご連絡ください(スパム対策のため@を☆に変えてあります)。たくさんのリンクお待ちしております。

リンクについて詳しくはこちら