忍者ブログ

うみのおさかなのいろいろ@東上本出の日記

採集 飼育記 飼育各論 小笠原

うみのおさかな以外の話題がメインになってしまったブログ主の○○やってみたシリーズ。水槽の更新再開しました。

小笠原諸島遠征 5日目(最終日)

大変更新が遅くなりましたが、小笠原遠征最終日の模様です。

小笠原最終日5日目の朝は、guppy氏が一人で朝日を撮りに初寝浦へ

やはり太平洋上は雲がかかっていることが多いです。

父島で最も高い中央山の山頂へ。高いといっても標高319m。

全員起きたところで、お土産を買い漁りに父島のメインストリートに行きます。

パッションフルーツ酒やラム酒、島塩、島ラー油、亀の塩煮等

お土産のバリエーションも多く悩みどころです。

JAでは、南国らしいフルーツが売られています。

父島にはコンビニは無いので、代わりに自販機が充実しています。

ジュースはもちろんアイス、カップ麺等の自販機がずらりと並んでいます。

数ある土産物屋のなかでも、我々が最も注目したのはこのお店

和紙で作られた魚「和紙っ魚(わしっこ)」を販売する和紙の魚が泳ぐ店です。

こんなに大きなマダラハタも和紙製、クオリティが高いです。

東上はユウゼンの和紙っ魚を購入。スタンド込で3600円でした。

出港まで時間があるので、東京都小笠原水産センターを見学。

外の水槽には、ウミガメがいました。

アカハタがびっしり

ここのアカハタは、歯磨きをしてくれるみたいです。

かわいらしいイラストで紹介されています。

説明通りにやってみると、本当に寄ってきて歯磨きをしてくれました。

他のアカバ達もやってほしそうな目でこちらを見てきてかわいいです。

水族館があるので中を見てみましょう。

もちろんユウゼンが泳いでます。

ここではユウゼンのブリードを行っているそうです。

以前アクアテイラーズで売られていたユウゼンygは12万8000円ですから

まだまだ高価な魚です。将来的には安価でショップに出回るかもしれません。

今回持ち帰ったサイズのユウゼンも5~10万ですから、

気楽に飼える魚ではありません。

ここで我々が注目したのはセンネンダイ。珍しい魚ですが、

ここまで大きい個体は見たことがありませんでした。

イシダイ×イシガキダイとイシダイ。なんだか話しかけているように見えます。

コラ画像の素材に使えそうですね笑

さて、寂しいですが、そろそろ出港の時間です。

出港のセレモニーが行われ、いよいよ父島を離れます。

東京に向けて25時間半の船旅が始まります。

ダイビングサービスの船がお見送り

飛び込み写真集

最後は飛び込みで見送ってくれます。皆さん勇気がありますね。




最後は海上保安庁が見送って終了。

アホウドリが船と並走していきます。日没と共にどこかへ去っていきました。

最終日

千葉の館山港に寄港します。

東京湾アクアラインと海ほたる

第二海堡の横を通ります。

丁度消火訓練が行われている最中でした。

羽田を発着する飛行機
 
東京の空が見えてきました。長いようで短かった小笠原遠征、

名残惜しいですが写真が無いのでこれにて幕閉じです。


船で往復50時間以上もかかり、一回の滞在で最低1週間かかる小笠原諸島は、

休みが取れない方々にとってはなかなか行けない場所であります。

私も今後訪れるとしたら老後にあと一回でしょうか、

その時には体力も衰えて今回の様な事は出来ないと思います。

今後父島に空港ができればその限りではありませんが、

おそらく私が生きている間は無いでしょう。

でも、気軽に行けないからこその良さがあるのだと思います。

船旅らしいゆっくりとした時間の流れは

殺伐とした日常からかけ離れた小笠原諸島を繋ぐ交通手段に相応しいです。

帰りも25時間かけてゆっくりと日常へと戻してくれます。

一度に移動できる人が少ないことは、訪れる価値を生みます。

外来生物の持ち込みのリスクも減り、貴重な自然もまた守られます。

小笠原諸島には訪れる価値、そして貴重な自然という

価値を今後も高く保ち続けて欲しいものです。
PR

小笠原諸島からの採集魚輸送

小笠原からの移動手段は船(おがさわら丸)しかありません。

小笠原諸島で魚を採集し、持ち帰りたい場合、

狭い2等船室に長時間置いておくことを考えると、どのようにするのが良いか

検討した結果、ポリタンクを使用することに落ち着きました。

採集した魚は出港日までスカリに入れ漁港に沈めておきます。

魚をポリタンクに移します。今回はユウゼンという高級魚の輸送のため

万全を期して水量は満タンにしました。

エアーレーションをかけ、ポリタンクに二重に袋を被せます。

船内で水漏れを起こして他の客に迷惑をかけないためです。

エアレーションは電池を切らさないよう十分に気を付けてください。

さらに段ボールの中に入れポリタンクは見えない状態にします。

これは決して後ろめたいことがあるわけではなく、

乗船時に止められたり、他の客とのトラブルを防ぐためです。

小笠原諸島から魚を持ち帰る行為は決して違法ではありませんが、

やはり自然保護派の人間には反感を買いますので、

そういった方とのトラブルを避けるために隠しています。

おが丸乗船時には警察官が立っていますので、

目をつけられて、面倒なやり取りになることを避けるためでもあります。

ポリタンクは市販の20Lのものです。25時間半という輸送時間を考えると

重たいですがこの水量が望ましいと思われます。

さすがにポリタンクを手で持って運ぶのはきついので

荷物運搬用のコロコロを使用します。

2等船室の場合、船室入口から向かっていちばん奥の壁側通路に置くのが

ベターだと思われます。他の通路よりも人通りが少ないため大きな荷物を

置いておけます。エアーレーションの騒音もここなら気になりません。

見た目も普通の荷物?に見えなくもありません笑

ただし多客期は人も荷物も多くなるので、難しくなるかもしれません。


ちなみに今回の輸送は成功し、

小笠原諸島から魚を生きたまま持ち帰ることに成功しました。

小笠原諸島遠征 4日目 海編


4日目の午前はスピアフィッシング(魚突き)遊びをしました。

水中の様子。ハナミノカサゴ

クロユリハゼ Ptereleotris evides

写真はイメージ↑

ブダイ禁止、ハタ縛りで計6匹。500円銛の東上はカンモンハタが限界

ガチ装備のtakosuke氏はバラハタをゲット。今晩の食材になります。

午後は私とtakosuke氏で海に入ることに。NM氏らは釣りで食材調達。

写真は共勝丸とおがさわら丸。takosuke氏と東上は昨日沈めておいた

ユウゼンをチェック中。
 
ははじま丸が入港してきました。


トラブル発生

いざ入水して、前日ユウゼンやレモンピールを目撃したオレンジ色のブイ

付近で潜っているとトラブル発生。

実は昨年の高知県での採集で鼓膜穿孔を起こし、

今までダイビング用耳栓をつけて耳からボコボコ泡を出しながら

無理矢理潜っていたのですが、ついに穴が広がりすぎて中耳に水が浸入…

完全に耳が抜けなくなりました。

これでは、全く潜ることができないので、

残念ながら強制終了です。

耳をかばいながら潜っても、頭が耳をかばうことを考えてしまうので、

余計に酸素を消費しますし、常に左耳から空気を出し続けないと

潜れない状態だったので、鼓膜を再生する治療を受けたいと思います。

非常に残念ですが、当分海水魚採集やダイビングはできないと思います。


レモンピールエンゼル

takosuke氏はカメラを持って水中を撮影しに行きました。

コガネヤッコ(レモンピールエンゼル) Centropyge flavissima 父島-3m
 
綺麗な眼状斑のある幼魚です。

おなじみ、ケントロピーゲのビビり顔。

ビビりヤッコ達。追い込むとぜったい目が合う不思議。

当ブログテーマ写真に採用されたヤリカタギ幼魚

黄色いウミウシ。種類は分からない

暗くなるとそろそろこいつらが活発になってきます。

日没。takosuke氏はこの暗さになるまで海の中にいました。


豪華な夕飯

突いたり、釣ったりした魚は今晩の食材になりました。

takosuke氏が潜っている間、3人は釣りでアカハタやオジサンを調達してきました。

高級食材であるハタ尽くし

オジサン Parupeneus multifasciatus とアカバの煮付け。

オジサンはヒメジの割に微妙でした。

バラハタとカンモンハタの造り。言うまでもなく美味い。

残りはアラ汁、これも美味。

5日目に続きます。

小笠原諸島遠征 4日目 NM氏 guppy氏編

境浦海岸

境浦と沈船

4日目の午前はNM氏、guppy氏の2人は海に飽き(とはいえ海には入ってます)、

普通に観光しに行ってしまいました。

いっぽう、潜り基地外のtakosuke氏と東上は、この日も海の中にいました。

海編は別の記事で書かせていただきます。

境浦には、太平洋戦争中に米軍機動部隊に爆撃を受け

小笠原諸島に退避してきた濱江丸(ひんこうまる)が座礁しています。

避難してきた際にさらに爆撃を受け、航行不能となり

この場所へ漂流し座礁したそうです。

70年間波風にさらされ続け、大きな鉄の塊もいまや海の藻屑と化しています。

餌付けされているのか、ロクセンスズメダイ達が寄ってきたそうです。

船首部分

youtube動画の撮影に使用したのはなんと3m防水のハンディカム。

結構潜って撮影したのですが、よく水没して壊れませんでした。

人との大きさ比較。広範囲に船の残骸が散らばっています。

この場所には、興味深い魚はあまりいなかったそうです。

長崎展望台

東上達が正午までに戻ってこいと言ったので、急いで海から上がり長崎展望台へ

兄島瀬戸の様子。まるで川のように速い潮流が流れています。

釣浜や宮の浜の沖に出ると危険だということが分かります。

初寝浦

初寝浦へいく途中、ご当地動物注意標識を発見

小笠原固有種のアカガシラカラスバトがモチーフのようです。

展望台から見た初寝浦。下のビーチを目指します。

展望台にある旧日本軍の軍用施設

中はDQN達の溜まり場になっている様

高低差200m、1130mの距離を下ります。

人の出入りを把握する石&看板と、

種子除去装置が設けられています。外来植物の種子を持ち込まないためです。

遊歩道の周りではさまざまな植物や動物が見られます。

guppy氏撮影、小笠原固有種アカガシラカラスバト。

こちらは在来の昆虫を捕食してしまうため問題になっている外来種、

グリーンアノール。どこに行っても見られるほど増殖しています。

ノヤギ。元々食用として持ち込まれたヤギが野生化し

植生に悪影響を与えているため、銃器による駆除が行われています。

ムラサキオカヤドカリ。日本に生息するオカヤドカリは

全て天然記念物なので採取は厳禁。

ビーチに到着

先ほどの軍用施設があんなところに見えます。

昼間の国立天文台もチラッとみて回り午前中は終了。

おがさわらのうみ【動画】

今回の小笠原遠征で、4人が撮影した動画を編集しました。



水中での動画撮影は思ったよりも難しかったです。
手ブレが激しいですがお許しください。(4日目のネタバレ有)

主な登場魚
タテジマキンチャクダイ
ハナグロチョウチョウウオ
ユウゼン
レモンピールエンゼル
ヤリカタギ
ホシテンス等

今回注目すべきは、シュノーケリングでユウゼンやレモンピールエンゼルが
見れたという点です。しかもレモンピールygは水深3mの場所にいました。

宮の浜(海域公園)ではポリプ食のヤリカタギやミスジなどがみられ、
リーフが発達していることを物語っていました。

外洋に面した場所では、
スジクロハギ、バラハタ、カンモンハタ、アカハタ
アオブダイ、ナンヨウブダイ、ヒブダイ、キイロハギ
ロクセンスズメダイ、アカヒメジ等が多く、どれもサイズが大きかったです。

小笠原の魚すべてに言えることは、成魚サイズが多いということです。
よって、海水魚採集の難易度は高いということが分かりました。
またサンゴがあまり発達していない普通地域での採集を強いられるため、
魚種が少なく、採集をするにはあまり楽しい海ではありませんでした。
もしも海水魚採集をされる方がいるならば、
本州沿岸で経験を積み、採集技量を上げてから行くことをお勧めします。
1回の渡航費もバカになりませんし、私のようにボウズで終わってしまいますので。

とはいっても、海域公園にいけば多くの魚種が見られますから、
小笠原の海の楽しみ方は、ダイビングかシュノーケリングがベストでしょう。
海だけに限らず、様々な固有種を見ることができる小笠原諸島は、
一生に一度行ってみる価値のある場所には変わりありません。

SNS×うみのおさかな

うみのおさかなのいろいろ
SNSアカウント

facebook

Facebook
うみのおさかなのいろいろ公式Facebookアカウントです。

twitter

Twitter
https://twitter.com/azumagami
東上の個人的なネタです
近況はこちらを見てください。

Contents



忙しくても維持できる海水魚水槽をコンセプトに、更新を再開しました。初期の頃の水槽の様子と現在の様子ががらりと変わっており、その変化と、東上の成長が分かるコンテンツとなっております。



沖縄・高知・和歌山・伊豆等をメインフィールドに、熱帯海水魚の素潜り採集をするコンテンツです。鼓膜穿孔が慢性化しており、更新できるかは未定です。



鉄道模型のいわゆる「ジオラマ」を1畳サイズのレイアウトに実現することを目標に、トンネルや草の生やし方など初心者の初心者による初心者のためのレイアウト製作の様子をお伝えします。現在更新を停止しています。



東上が飼育したことのある海水魚について、東上的飼育の方法について紹介するコンテンツです。特にカミソリウオやタツノオトシゴ、ヨウジウオのような特殊な魚を中心に展開しております。日本産の魚種に関しては、採集についても取り上げています。



2014年10月、小笠原諸島父島へ行って参りました。シュノーケリングに海水魚採集、魚突きと、海の遊びを満喫した滞在でした。ユウゼンやレモンピールエンゼル等、日本では小笠原でしか見られない魚種と出会うことができました。小笠原諸島で海水魚採集をする際の解説や注意点はこのリンクをご覧ください。



CB400SBRevoに乗ってツーリング先での出来事や、近畿・中部周辺のツーリングに最適そうな道をレポートしていきます。高知県でのキャンプツーリング×海水魚採集にも挑戦してみました。



ロードスター(NC)の記事です。バイク以外の足が増えたので、夜間の寒い星空撮影も行く機会が増えそうです。ロードスターの紹介やツーリングの記事はここからどうぞ。



星と、風景を一緒に撮るという写真です。なかなか条件が揃わず、撮影は失敗の方が多いですが、条件が揃った時の美しい風景を追い求めて、新月の夜に活動しています。

Comments

[04/06 MF]
[12/16 らんぱぱ]
[09/14 なみほ]
[09/13 R]
[11/17 こうじ]
[11/10 uzumaki]
[03/15 Chatan]
[03/14 Chatan]
[01/13 Bobo]
[01/13 Bobo]

Profile

HN:
東上本出(あずまがみもといで)
性別:
男性
趣味:
海水魚飼育・採集 鉄道模型 バイク
自己紹介:
300000アクセス達成。1年で100000ペースで伸びています。いつもありがとうございます。
匹目

Links

1.023world

海洋の仕組み・細菌や微生物から学ぶマリンアクアリウムと、関連する自作器具の制作方法の公開、ヤドカリ検定・ヤドカリ図鑑のヤドカリパーク、その他関連リンクも満載。

uzumakiと海

海水魚、サンゴの飼育、磯採集を中心に紹介しているブログです。魚の縄張り行動についての研究をされており、水槽内での魚の力関係についての考察を紹介しています。

うちださんちの海

海水魚採集と飼育方法、オーバーフロー水槽の製作方法などを紹介しています。特に必見なのは海水魚採集で、レアなチョウチョウウオを素潜りで採集するすごい人です。

近畿大学水族環境学研究室

東上の母校である近畿大学農学部の研究室です。海水養殖における白点病の原因であるC.irritansについて研究をしています。白点病に関する記事の参考文献とさせていただきました。

Chatan`s Blog

韓国で海水魚採集をされているChatanさんのブログです。日本で採集される魚種の紹介の記事で、当サイトの写真を採用していただきました。外国にも海水魚採集の文化があるとは驚きです。

【金魚の飼い方】初心者向け飼育方法と金魚の種類をご紹介

金魚の飼育方法と、種類について解説をしているサイトです。淡水魚飼育は金魚に始まりますが、金魚に終わるとも言います。淡水魚飼育の基礎を学んでみては。



About Link

当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望のサイト様は、コメント欄またはmb86hh65ml☆gmail.comにご連絡ください(スパム対策のため@を☆に変えてあります)。たくさんのリンクお待ちしております。

リンクについて詳しくはこちら